ABOUT | KUMIKO KAHLO Online Shop

ABOUT

KUMIKO KAHLO Online Shop

KUMIKO KAHLO | クミコ カーロ
Jazz Singer & Pianist

KUMIKO KAHLO /クミコ カーロ(P&Vo)

特異な性質を合わせ持ったジャズシンガー&ピアニスト。
小さな会場、大きな会場関わらず、全ての聴衆を包み込んでしまう唯一無二の声質と、自由自在に操るピアノ、愛に満ちたMCで、全国各地から呼び声が高い。

サラヴォーン、アニタオデイ、アンバートン、チェットベイカーなど青森に呼ぶ偉業を成し遂げた伝説のジャズ喫茶 diskオーナー鳴海廣氏

『クミコ カーロ。他に類を見ない。新しいジャズヴォーカリストの誕生である。』

セロニアスモンク、ビルエバンス、ジョンコルトレーン、マイルスデイビスなど、数々のジャズジャイアンツを撮影してきた世界的ジャズ写真家、中平穂積氏が2ndアルバムジャケット撮影を担当し話題に。


北海道札幌市出身。1979年生まれ。

生まれた時より、二人の姉が習っていたピアノを聴きながら幼少期を過ごす。その後本格的にクラシックピアノを習い初め音楽の基礎を身に付ける。
学生時代には、ロック音楽に夢中になりクラシック以外の音楽に開眼。パンクやハードロックのバンドヴォーカルも経験し歌の楽しさに目覚めてゆく。
その後自己の原点であるクラシックの道へ進み、現在のジャズ弾き語りのスタイルに行き着く。

札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業。同研究科修了。
在学中に中学音楽教諭二種免許を取得。第13回コンチェルトアートにて、札幌交響楽団とピアノ協奏曲をソリストとして、共演。第17回教育連盟ピアノオーディション奨励賞受賞。北海道代表として東京全国大会出場。
その後、様々な演奏会にて、クラシックピアニストとし多岐に渡り活躍。

音楽科在学中に黒人霊歌やゴスペルに影響を受け、ブルースやジャズピアノに興味を持ち始める。マヘリア・ジャクソンやサラ・ヴォーンに多大なる衝撃を受け、ジャズヴォーカリストへの道を志す。札幌ジャズフォレストでは、道内100名以上のアーティストから抜粋されソロ出演を果たす。

その後、アメリカの往来にて、本場のヴォイスレッスン、弾き語り法、パフォーマンスを一から学び、現地のライブイベントにも出演。
帰国後は、千葉大学モダンジャズ研究会にて4年間のさらなる研鑽を積む。

2010年、当時30歳。
大病を患い、一時は音楽の道を諦めるも、不屈の精神と使命感に導かれ復帰を遂げる。

近年では、MCや、新聞、ラジオ出演などメディアでも幅広く活躍する一方、アメリカのメソッドを日本人に解りやすくし、独自による弾き語りレッスンを目的とした【Kumiko's Lesson】主宰。
全国に生徒を持ち、後進の育成にも力を注いでいる。

これまでに、クラシックピアノを吉田尚子、本田真紀子、横路朋子、声楽を相川智子、ジャズピアノをビリー・ミッシェル、ジャスヴォーカルをキャシー・マッケイ、ESMIE各氏に師事。

壮絶な人生の中でも、その包み込むような唯一無二の歌声と、存在感、前を向いて挑戦し続けるその姿勢に、男女問わず数多くの支持を得、魅了し続けている。

オーダーについて
-----------------------------------------------------------------------------------
オンラインショップ上に在庫のない商品については、在庫があるか確認いたしますので、お気軽にお問い合わせください。